スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) --:-- | スポンサー広告
【台湾旅行記2】尋找嵌松石金屬絲犧尊
1日目はコチラ

6月29日(2日目)
朝7時前に起床。この日は朝から夜までツアーを取っていたので、ちょっと早起き。
冷蔵庫がガタガタ言うのと、他の客室の生活音(水バシャアア)で眠りは浅い。
今まで海外で利用したホテルの中でトップクラスのヤバさです。

とりあえず朝食を摂りに食堂へ。
20110628-30 202
地下の食堂は、薄暗い階段を下りたところにあった。
奥の照明消えてますけど…。

20110628-30 201
これまたトップクラスの朝食。
お茶は本当に美味しかったです…本当です…。


そしてツアーのバスに乗り込み、まずは大龍峒保安宮というお寺へ。
お参りの仕方は台湾スタイルで。

20110628-30 218
まだ朝8時、この時間から熱心にお祈りする人も。

20110628-30 216
おみくじ引いたけど読めNEEEE!!!!!

20110628-30 225
そして次はお隣の孔子廟へ、時間がないので見るだけ。
後方にはたくさんの絵馬がかかっていた。

20110628-30 240
移動中のバスの中から。台湾の総統府、1919年完成。
こんな感じの建物、どっかで見たことありませんか?

20110628-30 262
蒋介石を記念して作られた、中正紀念堂。
早朝に行くと、敷地の広場で太極拳に興じる人たちを見られるのだとか。

20110628-30 257
紀念堂内の巨大蒋介石。
工事中なのか、両壁と天井のハリボテっぷりがパネェです。
巨大蒋介石の両脇には儀仗隊が二人一組で向かい合って立っています。

20110628-30 256
一日に数回、儀仗隊の交代が行われる。
交代時間まで視線を逸らすこともなく、ぴくりとも動かない。
恐らく時間が来るまでずっと正面の衛兵と目を合わせっぱなしだと思うのですが、
妙な感情とか芽生えたりしないんですかn略

お次は土産物屋へ。試食だけ楽しませてもらう気満々だったのに、
ホテルまで運んでくれると聞いて謎のたけのこせんべいを3箱も購入してしまった。
台湾名物・パイナップルケーキはどれも広島銘菓・鳳梨萬頭の敵ではありませんでした。

20110628-30 282
そしてレストランで昼食、ツアーの参加者たちとテーブルを囲む。
参加者は、北は北海道南は九州といい感じに散らばっていたので、
各地域の話が聞けてなかなか興味深かったです。料理も美味しかった!角煮トロトロ。

このあたりで、本格的に雨が降ってくる。

20110628-30 289
バスで少し走って、故宮博物院へ。
荷物を持って入る事が出来なかったので、写真は外観のみ。

ここは、本来は一日またはそれ以上かけて見学するような所なので、かなり急ぎ足で見学。
とりあえずメインの白菜と角煮(ホントに白菜と角煮が展示してある)を観て、
個人的に観たかった嵌松石金屬絲犧尊(略して牛)を探すも見つからない。

仕方ないので土産コーナーの店員さんに絵を描いて説明したけど、
それ以前に下手くそすぎて笑われてしまった。
結局他の店員さんに聞いてもらって、無事に牛を拝むことが出来ました。

20110628-30 595
これが問題の絵。
こんなので理解できたなんて、奇跡としか思えない。

20110628-30 297
そして雨の中、忠烈祠へ。
中正紀念堂では見られなかった、衛兵の交替式を見学。

最後は足つぼマッサージのお店へ。
足つぼは初めてだったけど、気持ちよくて眠ってしまった。
個人旅行だとどの店を選べばいいのかわからないので、こういう時のツアーは良いかも。


そんなわけで、九份と夜市のツアーも追加してもらいました。
本当は路線バスで九份へ向かう予定だったんですが、
大雨で移動に難儀しそうだったからです。

【続く】
2011-10-20 (Thu) 20:39 | 旅行 | Comment:0
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。